2012年9月にMBS発「情熱大陸」(毎週日曜よる11時~)に出演した地震学者・大木聖子さん。

大木氏の思いはただ一つ。「いつ起きるかわからない巨大地震の犠牲者を減らしたい」。
そのために、「発災時に弱者になり易い子どもたちに、瞬時に身を守る行動を覚えてもらえる防災ソングを作りたい」。
そう考えていたおりに『じゃがポテ仮面』と出会い、今回のコラボ楽曲製作が実現しました。

宇宙的なメロディと軽やかなリズムの防災ソング「じゃがポテ仮面のじしんだんごむし」
じゃがポテ仮面は、机がない場所で家具の転倒から身を守れる基本のポーズ“だんごむしのポーズ”を、
歌詞に合わせて、身をもって、わかり易く、子どもたちに伝えます!!

大木氏は今後、幼稚園や特別支援学校、小学校などでの防災教育の現場で「じゃがポテ仮面のじしんだんごむし」を活用し、子どもたちや先生方に《命を守るポーズ》を体得してもらう考えです。

○ 監 修      地震学者・大木聖子
○ 作詞・作曲・編曲 小西香葉&近藤由紀夫(MOKA☆)
○ う た      伊藤悠翔(劇団ひまわり)

大木 聖子(おおきさとこ) プロフィール
1978年東京生まれ。慶応義塾大学 環境情報学部准教授。
高校一年生の時に起きた阪神・淡路大震災を機に地震学を志す。
2001年北海道大学理学部地球惑星科学科卒業、2006年東京大学大学院理学系研究科にて博士号を取得後、渡米。日米で地震研究を行う。
2008年4月より東京大学地震研究所助教,2013年4月より現職。
主な著書に、『超巨大地震に迫る-日本列島で何が起きているのか』『地球の声に耳をすませて』(産経児童出版文化賞受賞)。