■ ドラマ化決定


ついに!!テレビドラマ化決定!!!
(※MBS:放送終了)

主演、倉科カナ決定!!

発売されるや否や話題騒然、 日本全国にズボラ飯ブームを巻き起こした『花のズボラ飯』。
宝島社「このマンガがすごい!2012年版 オンナ編」で堂々の第1位を獲得。
1、2巻合わせて50万部を突破し、ついには実写ドラマ化となる本作の主人公・駒沢花を、 倉科カナが演じることが決定しました!
倉科カナが演じるふんわり萌え系新妻、旦那様が大好きなズボラ女子にご期待下さい!

駒沢花 倉科カナ
1987年12月23日、熊本県出身。2009年にNHK連続テレビ小説『ウェルかめ』の主演女優に大抜擢。その後もドラマ『Mother』『名前をなくした女神』など話題作に連続出演し、今作のドラマ『花のズボラ飯』で"民放連続ドラマ初主演"となる。今最も輝いている女優の一人である。

■ストーリー


東京に住む30歳の主婦、”駒沢花”。
手間要らずでおいしい「ズボラ飯」を作って食べるのが好き。
それだけに部屋を片付けるのが苦手で、 単身赴任中の旦那が帰ってくる時以外は散らかしたままで暮らしている。
掃除・洗濯は彼女にとっては「一大イベント」である。

「花のズボラ飯」


美味しくって楽しくってせつなくって……ひとり飯ってこういうこと!

原作は大ヒットグルメ漫画、昨年はドラマ化も大成功をおさめた『孤独のグルメ』の久住昌之。
久住の作品の魅力を、「かわいい」というこれまでとは別の角度から攻めた漫画家・水沢悦子。
奇跡のタッグによって生まれた『花のズボラ飯』は、2009年6月号より月刊誌「エレガンスイブ」にて連載スタート。コミックスは1、2巻発売中。
雑誌「エレガンスイブ」、エレガンスイブ増刊「もっと!」にて不定期連載中。

『花のズボラ飯』
原作:久住昌之 / 漫画:水沢悦子
出版社:秋田書店
2010年12月20日発売
価格:945円 (ISBN978-4-253-10452-4)

『花のズボラ飯  第2巻』
原作:久住昌之 / 漫画:水沢悦子
出版社:秋田書店
2012年3月8日発売
価格:945円 (ISBN978-4-253-10459-3)

*秋田書店様、リンク
 http://www.akitashoten.co.jp/

主題歌


『ポコポンペコーリャ』
作詞:Hacchin' Maya   作曲:ヒロイズム   編曲:CHOKKAKU
登場1位を記録した前作「チャンカパーナ」の作家陣による ドラマ「花のズボラ飯」のために書き下ろした新曲! ドラマの世界観そのままに、ポップで軽快な楽曲が耳に残る名曲です!!


© 久住昌之・水沢悦子(エレガンスイブ)2010/「花のズボラ飯」製作委員会2012