音ウダ「MUSIC EDGE」放送開始10周年を記念いたしまして、ホームページの新企画がスタート!番組収録とは別に、音楽ご意見番のジョンさんが番組に遊びに来てくれたアーティストさんと繰り広げた「あーだこーだ」な対談を、ほぼもれなくのっけてしまおうという、「ジョンさんの音ウダ」。2回目のゲストは、OKAMOTO’Sの4人です。収録日:2011年2月14日
第4回モーニング娘。ってこんなにかっこよかったんだって思いましたね。
ジョンさん:
でも、今のうちはまだまだレコード屋を回ってと言うのが、そんなにみんな同じ趣味やったら、すぐに連絡回してってできるね。
レイジ:
そうですね。たまにレコード屋に行ってて、「今、スリム・ハーポの12インチがあるけどどうする?」とか電話できますしね。
ハマ:
あ、それ買っといてと答えますしね。
レイジ:
じゃ、買っとくわとか
ジョンさん:
いやぁ、何か楽しそうですね。ツアーに出てても楽しみ多いですね。ライブすることだけでも楽しいやろに。
四人:
(うなずいて)そうですねぇ。
ジョンさん:
私、オカモトズの音は、いくつか聞かしていただきましたけど、何でしょうね・・・「束になってかかってくる」感。スパッと出てくる感じっていうのを、感じたんですけど、あれは何でしょ。やっぱり(メンバーが)同級生やから?
四人:
あー・・・それはありますね。
レイジ:
音楽をするために集まった4人じゃないので。
ショウ:
もともと、仲がいい遊び仲間が集まって楽器を始めたので。
レイジ:
もともと遊びで楽器をやっていたヤツら(ショウとコウキ)に追いつこうと思って、僕とかハマが頑張ったっていうところがあって、そういう部活でね。その部室をアジトにしていたっていう感じなんですよ。
ジョンさん:
野球がやりたくて集まった野球部の4人組ではなくって、もともと遊んでた仲間が、こんな部活あんでって言うて、クラブに入って。その上で「やる?楽器?」みたいな感じ。・・・その一体感?・・・いや、やっぱり「束」かな。「束になってかかってこられた」感じを出そうと、レコーディングの時に意識しているわけではないの?
四人:
全然ないですね~。
コウキ:
束になろうっていうようなことを意識するってことですか?
ジョンさん:
そうそう、音を作るときに。
コウキ:
各自で勝手に考えてますね。
ハマ:
自分が一番いいと思ってるところをやりますね。
ジョンさん:
それぞれの、例えばレコーディングやったら、ギターやったらギター、ベースやったらベース、かぶしていったりするんでしょ。
コウキ:
はい。
ジョンさん:
その時でいう、自分にとってのベスト。
四人:
そうですね。
レイジ:
自分のなかにある、この曲だったらこういう、スネアにしようとかチューニングはこうしようとか、それぞれやってるんで。例えば、ドラムがこうだったらベースはこうしようとか、そういうのはないですね。
ハマ:
わりと尊重できるように最近はなってきましたけど
ショウ:
ただ、あいつがあんなことやってる。負けてられないっていうのはありますけどね。
ジョンさん:
張り合う感じね。
ハマ:
それも毎回勉強なんで、やるたびに意識が変わっていってるのは面白いですね。
ジョンさん:
それこそレコード聞くときも、ちょっとしばらく聞いてなくって久しぶりに聞いたら、全然違って聞こえてきたみたいな。
ショウ:
ありますね。
ジョンさん:
普段、演奏されているみなさん方にしてみたら、そういう変わり方は日々あるわけでしょ。
レイジ:
モーニング娘。ってこんなにかっこよかったんだって思いましたね。
ジョンさん:
そら、気付くの遅いわぁ(笑)。
全員:
(爆笑)・・ほんとそうなんですよね。
ハマ:
でも、リアルタイムでいうと、僕らが小学校低学年(の時)なんで、そういうところには意識がいかなかったですよね。
ショウ:
クラスの女子が、(曲に合わせて)踊ってるっていうくらいでしたね。
ジョンさん:
今、AKB(48)全盛ですけど、その陰っていうたら怒られるかもしれんけど、つんくやんもまた、最近頑張ってんねよ。こっそり聴いたげて。
四人:
(笑)
ハマ:
今のところは、だいぶ僕らはつんくプロデュース派ですね。全員にパートをまわすための曲の構成というか構造がとんでもないですよね。
レイジ:
何メロあるんだよなんて・・・
ハマ:
ちょっとしたプログレですよね。
ジョンさん:
サビに到る経過は、そういう聞き方してると面白いよね。
ハマ:
すごいっす。
ジョンさん:
よく聞くとね。(AKB48でも)あ、秋元さん今このコらを売り出そうとしてるなって、選曲の仕方っていうか・・・今、誰やろって思いながらね。聴くと楽しいですよね。
レイジ:
ああ、この曲の、この(おいしい)メロディを、このコに歌わせてるとか。・・・ああ、なるほどなるほど(笑)そういうのは面白いですね。
ジョンさん:
そら、音域の問題とかもあるんでしょうけど。
コウキ:
そこまで分析できるようになったらすごいですよね。
ジョンさん:
そんなんも楽しいじゃないですか。
ショウ:
絶対面白いっすね。

(つづく)

  • 第5回(自分らの好きな音楽を)オススメしまくってましたね。高校にいるときも。3月16日公開予定
  • 第6回ツアーやってレコーディングして、旅先でレコード屋行って、ホテルでレコード聞いて、そしたらまた、ライブで、そっから得たエッセンスを発散できて、また得たものをレコーディングしてみたいな。楽しいっすよ。3月18日公開予定

backnumbber