サントリー1万人の第九 朗読ゲスト発表!

「サントリー1万人の第九」では「第九」を歌う直前に、その歌詞の基になったシラーの詩を朗読しています。
今年は俳優・小栗旬さんに朗読していただきます。
ご期待ください。

小栗 旬


COMMENT
「自分と同じ月日を生きてきている公演に、参加させていただけることに運命的なことを感じています。35回目の公演に少しでも花を添えられるように頑張りたいと思います。」


PROFILE
1982年12月26日生まれ、東京都出身。「GTO」で連続ドラマに初めてレギュラー出演し、「花より男子」「花ざかりの君たちへ~イケメン♂パラダイス~」などでブレイク。2007年には「クローズZERO」で映画初主演、2010年には映画「シュアリー・サムデイ」で監督を務め、俳優業以外にも活動の場を広げた。舞台では、蜷川幸雄演出の「HAMLET」に出演後、「カリギュラ」「ムサシ」など数々の作品に出演。そのほかにも「時計じかけのオレンジ」「あかいくらやみ」「カッコーの巣の上で」「RED」などの話題作にも出演した。
最近では、ドラマ「CRISIS 公安機動捜査隊特捜班」「BORDER 贖罪」や映画「銀魂」で主演を務め、その他にも映画「追憶」「君の膵臓をたべたい」などに出演。舞台では、「髑髏城の七人season花」や初ミュージカルとなる「ヤングフランケンシュタイン」で主演を務めた。