疲れて帰ってきた女性たちへ… ひととき日常を離れたファンタジックな癒しの空間へと誘うちょっと不思議なラブ・ストーリー  →各話あらすじはこちら
「アザミ嬢のララバイ」 4月21日スタート(全10話) 毎週水曜 深夜1:20〜1:50 ※放送時間変更の可能性がございます。詳しくは番組表でご確認ください。

プレゼントのおしらせ
只今、各話の出演者よりマグカップに生サインを入れて毎週プレゼント中。応募は携帯で以下のサイトから。
携帯でアクセス
[メニュー]→[TV(関西)]→[MBS毎日放送]→[プレゼント]
アザミ嬢のララバイ DVD-BOX【期間限定版】発売決定のお知らせ 発売日:2010年7月21日発売予定
品番:KIBF-90777〜90779 価格:税込\19,950(税抜\19,000)
封入特典:ブックレット/外箱付き
本編全250分(+映像特典)/カラー/16:9/片面・2層/ドルビーデジタル/ステレオ
【DISC1】「秘蜜を吸う」「愛を、更新する。」「しろへびの涙」+特典映像(メイキング)
【DISC2】「死者は死んだ羊の夢を見るか?」「Anniversary」「赤い靴」+特典映像(メイキング)
【DISC3】「金魚のローレンス」「月ノホタル」「カラダノ記憶」「ララバイ神様の子どもたち」+特典映像(メイキング)
第1話(田畑智子、綾野剛、ほか)、第2話(星野真里、和田聰宏、ほか)、第3話(中村ゆり、小市慢太郎、ほか)、第4話(町田マリー、岩松了ほか)、第5話(北川弘美、金子ノブアキ、朝加真由美、ほか)、第6話(小野寺昭、伊原夏菜、弓削智久、ほか)、第7話(金澤美穂、堀部圭亮、ほか)第8話(霧島れいか、松重豊、ほか)、第9話(月船さらら、菅原大吉、柄本佑、木野花、ほか)第10話(徳永えり、蕨野友也、柳沢なな、ほか) MBSモバイルのおしらせ
只今MBSモバイルではオープニングアニメーションの「アザミちゃん」の携帯待ちうけを期間限定無料配信中
携帯でアクセス
[メニュー]→[TV(関西)]→[MBS毎日放送]→[アザミ嬢のララバイ]

水曜深夜に女性にターゲットを絞ったちょっぴり大人なドラマ「アザミ嬢のララバイ」が登場!!今回のタイトルともなった中島みゆきの名曲「アザミ嬢のララバイ」をテーマ曲に、1話完結のオムニバス形式で、ちょっと不思議な10編のラブ・ファンタジーをお送りする。

「眠る前に見るおとぎ話」「大人向けの子守唄」「ファンタジーに包まれたビターな大人の物語」をコンセプトに、全体のクリエイティブ・ディレクターを担当するのは、映画『ジョゼと虎と魚たち』(2003年)『グーグーだって猫である』(2008年)『ゼロの焦点』(2009年)などで知られる映画監督・犬童一心。セットデザインは、本の装丁で知られるブックデザイナーの名久井直子がアートディレクターとして担当。これまでのドラマの枠にとらわれない斬新で自由な発想で、不可思議な空間を作り上げている。

監督には犬童一心のほか、手塚治虫の息子で映画『白痴』(1999年)でヴェネチア国際映画祭デジタルアワード賞受賞するなど映像作家としても知られる手塚眞、テレビドラマ「ブラッディ・マンディ」の麻生学ら。脚本に「死に花」や「L chenge the WorLd」「Sweet Rain死神の精度」の小林弘利ら。撮影監督には「デスノート」「ラヂオの時間」「ナビィの恋」の高間賢治と、映画やテレビドラマのベテランから気鋭の若手までが各話を競作。また出演には、綾野剛、伊原夏菜、小野寺昭、金澤美穂、霧島れいか、田畑智子、月船さらら、中村悠斗、中村ゆり、星野真里、和田聰宏、ほか(五十音順)実力派が顔を揃える。
犬童一心監督より
(第1、2話監督、クリエイティブディレクター)
今回のドラマは、友人の(「死に花」などの小林弘利)脚本家に依頼され、全体の美術設定、映像面でのビジュアルの統一、アニメーションや宣伝用の映像までを担当しました。ドラマ部分の演出もいくつか担当しています。
ビジュアルは尊敬するアートディレクターの名久井直子さんと相談しながら、決めて行きました。ひとつのセットを舞台の照明なども参考にして、創造的な空間にしています。
タイトルとなった「アザミ嬢のララバイ」は、中島みゆきさんの名曲からいただきました。全編に渡って流れる女性の気持ちや情感を感じさせてくれる歌詞やメロディが欲しかったのです。そんなとき、この曲を聴いた時に感じるグッと来る切なさを思い出したのです。中島さんにしか描けない世界感がそこにはあります。
番組の狙いは、女性の疲れたからだ、そして心に染みるホッとできる時間を作り出すことです。女性が夜、家に帰ってきてテレビをつけると、そこには優しさに満ちた人の温もりを感じられる時間がある。そして、ふと気づくと今日を生きる自分をほんの少し振り返っている。そんなドラマを目指しています。
またドラマのキャラクターとして"アザミ"という女の子を名久井さんにデザインしてもらっています。これはまだ子供の女の子なんですが、どんな女性の中にもある嫉妬深くてちょっと意地悪な部分を凝縮したようなキャラクター。アニメーションで登場した"アザミ"が、ひとことシニカルな言葉を発するという仕掛けをしています。
テレビでは、最近見ないような新鮮さを目指しました。1セットでやることで、役者の演技をちゃんと見せられるドラマにできたらと思っています。
深夜、疲れて帰ってきた女性にひととき日常を離れた世界に浸ってもらえたら…。

製  作 「アザミ嬢のララバイ」製作委員会/キングレコード、毎日放送
シリーズ構成 小林弘利 
クリエイティブディレクター 犬童一心
脚  本 小林弘利、小鶴、吉村元希、三島有紀子、登坂琢磨、宮武由衣、柳井祥緒、山野井敬子、渡部亮平
監  督 犬童一心、手塚眞、麻生学、三島有紀子、登坂琢磨、宮武由衣
撮影監督 高間賢治
キャスティング 岩淵 規
アートディレクター 名久井直子
アニメーション 三宅大介、森山ヒロカズ、小平和久、糸曽賢志
音  楽 小林洋平
テーマ曲 中島みゆき「アザミ嬢のララバイ」(ヤマハミュージックコミュニケーションズ)
制  作 映広



©アザミ嬢のララバイ製作委員会/キングレコード、毎日放送
当ホームページのすべての著作権は毎日放送に帰属します。記事・写真の一切の転用を禁じます。
Copyright©1995-2012, Mainichi Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.