井上 雅雄Photo

井上 雅雄アナウンサーのブログ

井上雅雄のKICK OFF

エースと呼ばないで

更新:2011年6月30日
月曜から木曜までタイガースライブの中継で富山と福井に行ってきました。
阪神は1勝1敗でしたが・・・いや〜ご飯がおいしかった!
富山ではしろえびの唐揚げ&かき揚丼




福井では名古屋コーチン専門店で食べた焼き鳥&鳥鍋。


富山・福井のタイガースファンも大勢球場に足を運んでいて
選手がバスから降りる時には女性の黄色い声援はもちろん
重みのある男性の「マートン〜」という声が飛び交って活気のある雰囲気でした。

タイトルが「エースと呼ばないで」なのに
いきなり食べ物の話から始まってすいません。

月曜日に能見投手と久々にじっくり会話をしたのです。
能見投手が、なぜエースと呼ばれたくないか・・・なんですが、
能見投手いわく、エースというのは「その投手で負けたらしょうがない」と
味方選手や首脳陣・ファンが思う投手、チームを背負う投手だというのです。確かに・・・
で、今の自分はまだまだそこに達していないから
エースと言われる事が時にはプレッシャーになるらしいのです。
マウンドでは淡々と投げているように見えますが、実はそうではないんですね。

能見投手は最低でも3年間ローテを守り、安定した投球でチームに貢献する事で
初めて信頼を得られるという考えを常に話しています。
一昨年は13勝しましたが、去年8勝したものの、怪我で離脱しチームに迷惑をかけた。
そして今年は3勝6敗で負けが先行している…
一昨年がリセットされた訳ではないですが、
去年の怪我の離脱により、今年また一から出直している感覚に近いと言ってました。

チームやファンの信頼を得るには相当な時間がかかります。
最低でも3年、そしてもっともっと…
安定した投球を続けて信頼を得た先に「エース」という称号があるのでしょう。

今年の開幕投手に対しても、特別な意識は全くないと話していました。
本当かな?と疑ってしまいましたが、能見投手のエースに対する答えを聞いていると
なるほどなと思うのです!

開幕投手=エース
開幕投手を務めたからエースだ!と言ってしまいがちですが、
エースが務める開幕投手の意味と、チームの1番手だから開幕投手を任された意味は
かなり違うのですね。
チームの1番手→開幕投手を任された→だからエースとは言えないんですね。
本人は「エース」という言葉と真剣に向き合って答えを出そうとしています。
向き合っているからこそ、今の自分の実績では
まだ言われる立場じゃないと、はっきり言うのでしょう。

去年のクライマックスシリーズの巨人戦で能見が先発して負けた事実。
ファンの皆さんはどれだけの人が
「能見で負けたらしょうがない」と思ったでしょうか?

だからこの気持ちを皆さんにも理解していただきたいのです。
心の底から「能見で負けたらしょうがないな」と思えるなら
大きな声でエースと言ってあげてください!
ただ、今の阪神で1番の投手という思いだけなら
まだ、「エース」とは呼ばないであげて下さい!

出会いと別れ

更新:2011年6月23日
阪神タイガースの江草投手がトレードで西武に行ってから
はや1ヶ月になりました。
別れというのは何度経験しても寂しいものですね・・・

出会いがあれば別れがあると、よくいいますが
なかなか現実を受け入れられないものですよ。

しかしプロ野球の世界は厳しいですね。
翌日には所沢に移動して、とりあえずは寮暮らし。
翌日から西武のユニフォームを着て早速プレーし、
休日に家を探しに行って、ようやく最近家が見つかって
引越しも終えたようなんです。

江草投手と5年の付き合いの仲での印象は
(1)よく食べてよく笑う
(2)芸達者
(3)実は気配りの男
(4)いたずらが好き
(5)顔が大きい
(6)友達が多い
(7)酔っ払うと1人で勝手に帰る
(8)外国人選手と仲がいい
(9)シャイ
(10)普段はあまり見せないけど、たまに見せるプロ野球選手の顔は男前
といったところでしょうか(笑)

江草らしくない一面ですが、
西武に行ってからたまに弱気な事を言っていると
早くいつもの江草らしくなって欲しいなと思うし
頑張って欲しいなと思います。
今は西武の試合を見られる時はテレビで応援して
見られない時は、インターネットの試合速報で結果を確認する毎日。
西武ドームの阪神戦で登板してブラゼルを打ち取った時には
鳥肌が立ちましたよ。

出会いがあれば別れがあるように
別れがあれば出会いがあると考えたいですが
江草との出会いは僕にとって特別なので
この出会いに変わるような出会いはなかなかないかも知れませんね。

ラグビーワールドカップ日本開催へ

更新:2010年1月7日
1月7日、全国高校ラグビー大会の決勝戦が行われ、
東福岡高校が前評判どおりの実力を見せつけ
2年ぶり2回目の優勝を飾りました。


ラグビーはイギリス発祥の競技です。
これは聞いた話なのですが、
アメリカで生まれたスポーツは見る側(観客)がより楽しめるように。
欧州で生まれたスポーツは競技する側(選手)がより楽しめるように
その競技自体がルールも含めて考えられていると聞いた事があります。

ラグビーは初めて見る人には分かりづらいという話は、
耳にたこが出来る程よく聞きます。
しかし、ラグビーは実に単純なんですよ。
グラウンドに倒れて寝てしまうとボールを使ってプレー出来ない。
立ってプレーすると、前にボールを放ったり前に落とさなければプレーは続くのです。
そして「ラック」という、ボールに選手が集まる「密集」で
反則が頻発するので、見ている人には密集の中での反則の理由が分かりづらい。
近年のラグビーは密集での反則に対するレフリングが厳しくなっています。
簡単に言うと「立ってプレーしましょう」
グラウンドにあるボールに対して倒れこんだり、
頭を下げてプレーしようとする選手に厳しく笛が吹かれます。
これこそが世界の基準に近づいていると私は感じています。
もちろん体格で比べると、外国人選手の方が日本人選手よりも
身長も体重も腕の長さも勝っているケースが多いのが事実です。
何とかしてボールを繋ごうとしても、パワーで跳ね返される事もしばしば、
倒れようとして倒れているのではなくて、倒されてしまうから
グランドに寝てしまって「ラック」が出来やすくなってしまうのです。
かつて私も桜のジャージー(日本代表)に憧れラグビーをしていましたが、
15年ぐらい前でしょうか、日本人選手が外国人選手に対して
体格が劣る為、外国人選手の足首めがけて「ラック」をつくりにいくという
苦肉の策のプレーもありました。(当時は画期的でした)
ぶつかると跳ね返されるので確実にボールを出す為に選択したプレーだったのです。
今のラグビーではもちろん反則(ローヘッド)です。
ラグビーも進化し、世界のルールもよりエキサイティングなゲームになるように
毎年ルール変更がなされ工夫されています。
競技する人(選手)がより楽しめるスポーツから、
見ている人がより楽しめるスポーツへと変化しているのかもしれません。


今大会の東福岡のラグビーはまさに「倒れないラグビー」でした。
倒れないから「ラック」がほとんど出来ないのです。
もちろん1対1の勝負で倒されない強さはあるのですが、
ボールを繋ごうとする気持ちが、自らの「ボディーコントロール」に
繋がって、ボールがどんどん展開されて、見ている人も楽しかったと思います。
もちろん選手達や指導者の努力の賜物ですが、
今大会の東福岡のラグビーが高校ラグビーの頂点に立ったという事が
世界のスタンダードに近づいた1歩なのかなと私は感じました。
外国人選手を相手に倒れずにボールを繋ぐのはなかなか難しいかもしれません。
しかし、日本のラグビーが「倒れないラグビー」を目指し
海外チームと戦っていく事で、結果以上に
見ている人達を楽しませてくれると信じています。
もちろん密集が減るわけですから、初めて見る人にも
ラグビーの持つ「ダイナミック」な魅力が伝わりますし、
ルールの面でもわかりやすくなると思いますよ!


2016年の五輪で7人制ラグビーが採用されます。
そして2019年日本でラグビーのワールドカップが開かれます。
自国開催ですから日本代表の選手達には「結果」が求められるでしょう。
今大会活躍した選手達がプレーしている可能性も多いにありますから
非常に活躍が楽しみです。
今大会に参加した各高校の指導者や関係者の中には
「今回の高校ラグビー大会全体の雰囲気が2019年のワールドカップに
向かっているんだという気持ちを感じる」と話していました。
いちラグビー経験者として、ラグビーというスポーツがより多くの日本人に楽しんでもらえる
競技になる事を願っています!
微力ながらラグビーの楽しさを伝えられるように私も頑張ります!

久保田智之

更新:2008年9月16日
久保田智之が登板数日本新記録を達成した2007年9月15日から1年が経った。
1年後の2008年9月15日、ナゴヤドームに久保田智之の姿はない。
9月12日に右肩の張りで登録を抹消になったのだ。
2008年の春季キャンプ。久保田智之はこう話した。

「日本記録は正直喜べないかな。防御率も含めて2007年の数字には満足していない。
球児の日本記録を抜いた訳だから、球児が日本記録を達成した年よりも良い数字(防御率)で自分は達成したかった。なので球児に申し訳なく思ってるんです。」

チームの状況も春先から芳しくなかった昨年。
なんとか終盤猛追し、一時は首位にもたったが、
結局はレギュラーシーズンを3位で終え、クライマックスシリーズもファーストステージで
敗退となったしまったのである。チームの結果が彼をそう思わせているのかもしれない。

ただ2007年誰よりもチームの為に戦い、
バッターに向かい続けたのが久保田智之である。
今年の開幕前日に久保田智之はこう話した。

「今年は安定感を目指して頑張りますよ。1試合でも多く三者凡退を多くしたいしね。
やっぱりタイガースファンが自分が出てきて、ため息をつくのもマウンドで聞こえた時期もありますし、ファンも自分には安定感がないと思っているでしょう。だからファンに安心して見て貰える投球を目指して頑張りますよ!」

2008年チームは開幕ダッシュを決め、勢いよく飛び出した。
ただ、久保田智之は、なかなか自分の目指す投球が出来ないでいた。
そんな彼の右肩がついに悲鳴をあげた。

これから優勝を目指すタイガースにとって最大の山と言われている19日〜21日の東京ドームでの巨人戦。
その首位攻防戦に彼はマウンドに立てないのである。
どこにもぶつけられない久保田智之の思い。
だからこそ僕は皆さんに言いたい。
昨年と今年、合せて155試合を投げ続けた久保田智之が1軍に戻ってきた時には彼を是非大きな拍手で迎えてあげて欲しい。

チーム状況が苦しい中一時首位に立った昨年。
報道陣はMVPは久保田しかいないと言っていた。
結果的には優勝できずに久保田智之が称えられる事はなかったが、
今こそ、今年こそ、彼のこの2年間の勇敢な姿を称えてあげたい。
僕は信じます。久保田智之が2008年の阪神の優勝の輪にいる事を。

「さらば広島市民球場」

更新:2008年9月10日
今年最後となる広島市民球場での阪神戦の中継に行ってきました。

広島市民球場といえば、実況アナウンサーを始めて、衝撃を受けた球場なんですよ。
今のプロ野球中継は、放送席の場所は、ほとんどグラウンドを見下ろ位置にある事が多く、バッターと同じ目線で野球中継が出来る球場はなかなかないのです。

唯一バッター目線で野球中継出来る球場が広島市民球場なんです!
プロの投球をバッター目線で見る事が出来て、プロの凄さを実感できる球場なんです。

特に感動したのは、もう現役は引退されましたが、広島の佐々岡投手のカーブ。

カーブのイメージは、球速が遅く落差が大きいというだけのイメージでしたが、佐々岡投手のカーブは、手から離れたボールが1回上に浮き上がって、そのボールを目で追っているとそこから急激に「ストン」と落ちるのです。

テレビや観客席の中にある放送席では、「ストレートが速いな」と感じる事はあってもなかなか変化球の軌道まで見ることは出来ないじゃないですか。
広島市民球場での中継は、プロ野球の面白さが全て感じられる(外野に打球が飛ぶと見にくいのですが…)
野球ファンとしての特等席なんですよ!

新球場になるとどこに放送席が設置されるのか分かりませんが、今の市民球場のように特等席で放送できる事はないでしょうね…

プロの投手の投球を生で見たい!
そんな1人の実況アナウンサーの楽しみも、球場と共になくなってしまうのです。


バックナンバー

2011年
2010年
2008年
2006年
2004年


プロフィール

井上 雅雄Photo
名前:井上 雅雄
生年月日:1979年8月16日
入社年:2003年
出身都道府県:大阪府
出身大学:同志社大学
趣味:ゴルフ(年間50ラウンド以上)、ゴルフショップ巡り、ゴルフ中継を見る、ゴルフ雑誌を読む、家で素振り
何でもひとこと:それぞれのお酒(ビール・焼酎・日本酒・紹興酒・ワイン)に合う、魚の美味しいお店を求めて、日々食べ歩いています。刺身・焼き魚・煮魚・ムニエル・天ぷらなどなど、酒の魚(肴)を追い求めています。美味しい魚とお酒に出会った時、それが最高の瞬間です。漁師に憧れています。

担当番組


井上 雅雄アナが金山 泉アナを30秒で紹介します!