山中 真Photo

山中 真アナウンサーのブログ

なかなかどうしてやまなかまこと

更新:2016年8月16日
昨日のぷいぷいでもお伝えしましたが。

一昨日の女子マラソンの応援。


自転車を借りてスタート地点から途中の周回コースへ急いで向かい、福士さんのワコール、田中さんの第一生命、伊藤さんの大塚製薬と、それぞれの応援団の皆さんと一緒に応援し、続いてその先の折り返し地点に向かい、田中選手、伊藤選手のシューズを作った三村さんという職人さんと声援を送り、そこからまたゴール地点へ。

折り返し地点からゴールまで戻るのに10キロ以上、学ラン姿で自転車ダッシュ。選手の走るコースの横を併走して戻ったんですが、改めて選手たちの速いこと速いこと。かなり一生懸命自転車をこいでもほとんど選手の走るスピードと同じくらいだなんて。

恐るべしトップアスリートたち。

それでも汗だくでなんとかゴール地点に先に戻ることができて選手たちを迎えられました。

アフリカ勢のトップ選手たちから少し遅れてゴールへの直線に入ってきたのが福士選手!

沿道から精一杯のエールを送った、その瞬間!



福士選手がこちらに気づいてくれまして。

ニコッと笑ったかと思ったら。

被っていたキャップとサングラスをとりまして。

僕に向かってパッと投げてくれまして!

僕はびっくりビックリぶったまげながらも。

しっかりキャッチ!

していました。



ほんと一瞬のことでしたが、
信じられない思いですが、
でも確かにあの福士スマイルと
汗のキャップとサングラスを頂きました。

いや、なかなかどうして。

ほんとに嬉しく大興奮しながらも、
あまりに貴重な価値あるものですから、
僕なんかがもらっちゃっていいのか
なんだか不安にもなってきているくらいです。

あの時、あの清々しい笑顔の時、
どんな気持ちだったのか、
どうして投げてくれたのか、
いつか聞ける時があれば是非本人にお聞きしたいです。

だからって「やっぱり返して」と言われたら
それはそれで渋ってしまうかもしれませんが(≧▽≦)

酷暑の中3人ともほんとにお疲れ様でした。
そしてドキドキをありがとうございました!


更新:2016年8月15日
『花の応援マン』として元阪神タイガースの遠山奨志さん、トランポリン元日本代表の廣田遥ちゃんとリオデジャネイロに来てすでに2週間近く。


日本勢の大活躍に興奮の毎日です。


そんな中、今日は女子マラソンを応援してきました。


スタート地点から途中の周回コース、最後はゴールへとこちらもダッシュで移動しながら懸命にエールを送らせてもらいました。

結果はみなさんご存知の通りですが、ゴール地点で僕にとって信じられないことが起こりました!

その様子は今日のちちんぷいぷいで(≧▽≦)

また今日から1週間、リオから生中継始まります♪


友達

更新:2016年6月29日
大阪マラソンをきっかけに仲良くさせてもらってまして。


コブクロの小渕くん。

先日発売されたアルバムはサイン入りでもらっちゃいました。やったね。


もちろん自分でも買いました(^^)

大阪マラソンのテーマ曲「42.195q」だけでなく
「未来」や「陽だまりの道」などいい曲がいっぱいで
ヘビーローテションで聞いてます♪

「STAGE」って曲も素敵なので是非。



マラソンの話だけでなく
実は同じ年、
さらには聞いてきた音楽の趣味も同じで
すっかり話が合いまして、
2人で定期的に美味しいもの食べて飲んで
そしてカラオケにいってます(≧∇≦)

小渕くんの前で

恐れ多くも

コブクロの曲を歌います。

小渕くんは

惜しげもなく

ハモってくれます。

震えます。


はい、自慢です(≧∇≦)

ライブツアーも楽しみ♪

ラッキー!

更新:2016年6月14日
アメリカ大統領選、予備選取材に行ってました。

カリフォルニア州での民主党予備選投票日前日、
ロサンゼルスの大学体育館に大行列が。

集まった人達のお目当てはヒラリー・クリントン氏。


TV映りや写真映りを考えてサポーター席に囲まれるようにつくられたスピーチ台。


地元市長など前座の政治家たちが場を温めて


いよいよご本人登場!


写真だと遠く見えるけど距離にして20mほどの近さ!
まさか実物に会えると思っていなかったので大興奮で記念撮影も。


18分のスピーチが終わったと思ったら…。
なんとサポーターと握手や撮影をして周ってるじゃありませんか!


大統領になったら警備が厳しくなるのでもうありえないこと。

これはだめもとで僕も前へ行かなきゃ!

警備に守られながらも、もみくちゃになりながらヒラリーさんが近づいてきます。


みんな大声でヒラリーさんに話しかけてる。
僕は英語が話せないしいっそ日本語の方が目立つはず。
大声で

「ヒラリーさんこんにちはー!」

を連呼しました。

その結果…。


奇跡の一枚!?

しかもこれヒラリーさんが僕の携帯を持って自撮りで撮ってくれたツーショット。
ぶれているのはご愛嬌。これも熱狂した会場の臨場感ということで。

いや〜、なかなかどうして。

11月の本選挙で大統領に決まったら自慢できますかね笑。

変わらず8年

更新:2016年5月27日
この3日間、サミット取材で伊勢志摩にきています。

メイン会場、志摩観光ホテルと賢島大橋をバックに

といっても会場となっている志摩観光ホテルはもちろん、ホテルのある賢島にすら入ることができないのでメディアセンターおよび周辺取材ではありますが(^^;;

国際メディアセンターに入る報道陣は国内外5000人とも

そのメディアセンターの施設、大勢のスタッフを見るだけでもサミット開催でいかにお金がかかってるかわかります。学生アルバイトの男の子に聞いたところ1日8時間勤務、宿泊食事付きで日給1万円ちょっとだとか。
「少なくとも僕には大きな経済効果です笑」
って。

なにより驚くのは警備の警察官の数。全国から集まっていて道路はもちろん、林の中や海の上まで徹底警備。志摩市の人口およそ5万人を超える数の警官がきているのでは、と言われているそうで。警察からのお弁当の発注は2万食から、ときたという話も。

いたるところに警官や警察車両が

フランスはテロ対策、ドイツは難民問題、イギリスはEU離脱問題、なによりアメリカオバマさんは広島訪問と各国それぞれ他に意識がいっていて今回サミット自体あまり盛り上がっていないのでは、なんて声もあるようですが、これだけお金も労力もかけての開催ですし、多くの地元の皆さんが歓迎してるわけですし、それなりの実のある会議になってほしいものです。

各国首脳の車列を歓迎しようと何時間も待つ地元の皆さん

にしても、ちちんぷいぷい政治部と言われ始めて間もない頃、洞爺湖サミットの取材をしたのが早いものでもう8年前。相変わらず周辺取材に精出してます(^^;;



プロフィール

山中 真Photo
名前:山中 真
生年月日:1976年11月20日
入社年:2001年
出身都道府県:東京都
出身大学:早稲田大学
趣味:人でもモノでも場所でも体験でも、新しいことと出会うこと、バスケットボール、ドライブ
何でもひとこと:体力と適応力でタフな仕事にチャレンジしています。1回10日〜2週間という海外取材を年間6〜7回、70日間インド一周という取材も経験しました。英語は全くしゃべれませんが…。大阪マラソン開催を機にフルマラソンにもチャレンジ。日本一速いアナウンサー目指して、サブスリー(3時間切り)を狙っています。去年は3時間2分18秒でしたが…。ダイビングと潜水士の資格で水中からの生中継をしたり、高所も好きでヘリ中継をしたり。バンジージャンプでも蛙を食べることでも、好奇心をくすぐる刺激を求めて、新しいことに出会えるならどこにでも行きます!興味の幅が広すぎて、これっちゅう特徴(キャラ)がないのが悩みですが…(笑)。

担当番組


山中 真アナが豊崎 由里絵アナを30秒で紹介します!