西 靖Photo

西 靖アナウンサーのブログ

撮ってみたんですが見ていただいていいですか

更新:2010年8月30日
アメリカ大陸最北にある街、アラスカ、バロー。

5Dmark2/EF24-105F4L IS USM

舗装道路も、3階以上の高い建物もない。
夏でも4〜50センチ地面を掘れば凍土が現れる。
もちろん冬にはすべてが凍る。
その街の北の端の海岸。

5Dmark2/EF24-105F4L IS USM

一応、自分なりの最北端にしるした足跡。
この向こうはもう北極です。

更新:2010年8月23日
カナダのイエローナイフという街にて、
初めて見たオーロラ。

5Dmark2/EF24-105F4L IS USM

風にそよぐように、あるいは生き物のように動き、
形や色を変えていきます。

5Dmark2/EF24-105F4L IS USM

人生観が変わるかどうかはさておき、
腰が抜けるほどのスペクタクルだったことは間違いないです。

更新:2010年8月23日
カナダはバンフでの写真をもう一枚。

5Dmark2/EF24-105F4L IS USM

山、川、貨物列車。
とても大陸的、かつカナダ的な一枚だと思うんですが、
いかがでしょう。

更新:2010年8月23日
ども。世界一周中の西です。
カナディアンロッキーに抱かれた街、バンフにて。

5Dmark2/EF24-105F4L IS USM

おじいちゃんとおばあちゃんが仲良くぶらんこ。
こんなふうに歳をとりたいな、なんて思ったりして。

更新:2010年8月20日
ご存知グランドキャニオン。
やっぱり圧倒的です。

5Dmark2/EF24-105F4L IS USM

ロサンゼルスのリトルトーキョーで
日系のおばあちゃんに詰めてもらったお弁当をここで食べました。
お腹より胸に沁みる、温かい味でした。

更新:2010年8月20日
ども、世界一周中の西です。
今回から北米編です。

5Dmark2/EF24-105F4L IS USM

これ以上アメリカっぽい写真もないですよね。
でかいオープンカー、カフェ&モーテル、そしてルート66。
この車でロサンゼルスからグランドキャニオンまで。
と言えば楽しそうですが、所要時間15時間。
さすがに疲れました。

更新:2010年8月19日
ども。世界一周中の西です。
メキシコで取材中に見かけた公園でのダンスパーティに
心得もないのに飛び入り参加。

5Dmark2/EF24-105F4L IS USM

お姉様が「踊りましょ」とリードしてくれました。
さらに、

5Dmark2/EF24-105F4L IS USM

妙齢の女性も手を取って優しくダンスを教えてくれました。
女性にリードされるというのも悪くないものですね。

更新:2010年8月19日
ども。世界一周中の西です。
続いての国はコスタリカ。
「2メートルのイワシを釣ってきて」というお題で
心密かに楽しみにしていた国の一つです。
そして…

5Dmark2/EF24-105F4L IS USM

本当なら満面の笑み、といきたいところですが、
格闘1時間10分、腕と背中の筋肉がパンパンで
頭はもうろうとしていて、笑うこともできませんでした。
1メートル65センチ。
後になって写真を見て、少しずつ、釣った喜びを味わっています。

更新:2010年8月18日
ウシュアイアは世界最南端の街といわれていますが、
実はその対岸に、さらに南の「村」があります。
プエルト・ウイリアムズ。チリ領です。
観光で訪れる人はほとんどいません。
そこに向かうフェリーのなかで…

5Dmark2/EF24-105F4L IS USM

ガブリエラちゃんという女の子と仲良くなり、

5Dmark2/EF24-105F4L IS USM

お家はレストランをやっているというのでついていき、

5Dmark2/EF24-105F4L IS USM

村の中心にある、黄色が目印のレストラン。

5Dmark2/EF24-105F4L IS USM

心づくしの料理を頂いていると…

5Dmark2/EF24-105F4L IS USM

ちょっと酔っ払った退役軍人のおじさんが話しかけてきて

5Dmark2/EF24-105F4L IS USM

先住民族のおじさんも「チリワインは最高なんだぞ」と…

5Dmark2/EF24-105F4L IS USM

フェリーが出る時間になってもごらんのとおり。

5Dmark2/EF24-105F4L IS USM

おい、俺たちの写真を撮ってくれ!なんていわれ、

5Dmark2/EF24-105F4L IS USM

みんなで記念撮影。ああ、楽しかった。

5Dmark2/EF24-105F4L IS USM

ガブリエラちゃんのおかげです。ありがとうね。

更新:2010年8月17日
人の住む最南端ともなれば気候も相当厳しく…

5Dmark2/EF24-105F4L IS USM

年中吹き付ける風に耐えて、樹木もこんなふうに育っています。

更新:2010年8月16日
アルゼンチン最南端の街、ウシュアイアの夜明け前。
ちょうどぷいぷいで生中継をした直後に撮影しました。

5Dmark2/EF24-105F4L IS USM

半月が明るく輝いていました。そして…

5Dmark2/EF24-105F4L IS USM

太陽が顔を出す時間が近づくと、月は静かに輝きを減じ、
空が色づき、白い雪が輝き始めます。

更新:2010年8月13日
ども、世界一周中の西です。
いよいよ、というかようやく南米編です。
南米というと我々はどうしても暖かいイメージを抱きますが、
南半球はいま、当然ながら冬です。
それもアルゼンチン南端の街ウシュアイアまでくるとこんな感じ。

5Dmark2/EF24-105F4L IS USM

雪山と海。
どこか函館や小樽を彷彿とさせる街でした。

更新:2010年8月13日
もう一枚、パリの写真を。
前回ご紹介した夕日のきれいな橋、ポンデザールは
パリの恋人たちのデートスポット。そして…

5Dmark2/EF24-105F4L IS USM

永遠の愛を願ってこんな物を残していく場所でもあります。
日本にもこんな場所ありますよね。

更新:2010年8月13日
ども、世界一周中の西です。
オランダに続いて訪れたのはフランス、パリ。
凱旋門やエッフェル塔も素敵ですが、
セーヌ川に沈む夕日がとてもロマンティックなのを
みなさんはご存知でしたか?

5Dmark2/EF24-105F4L IS USM

ポンデザールという歩行者専用の橋の上から。
この橋の上で、パリジャンやパリジェンヌは
ワイングラスを傾け、語らうのです。

5Dmark2/EF24-105F4L IS USM

悔しいくらい絵になります。

更新:2010年8月13日
もう少しオランダの写真を。
アムステルダムは運河の街。市内はこんな感じです。

5Dmark2/EF24-105F4L IS USM

起伏が少なく、街がコンパクトなので、
大阪と同じく自転車の街でもあります。

5Dmark2/EF24-105F4L IS USM

そして、スリムな美人の多い街でもあります。

更新:2010年8月13日
オランダの小さな小さな街で出会いました。

5Dmark2/EF24-105F4L IS USM

本当に、どの国に行っても子どもはかわいいです。
ちなみに彼女もフィーエルヤッペン(運河跳び)を
練習しているところだそうです。
がんばってね。

更新:2010年8月13日
オランダではこれに挑戦

5Dmark2/EF24-105F4L IS USM

「フィーエルヤッペン」という昔からある運河跳びです。
もっと牧歌的な状況を想像していたら、
競技として毎週、大会があるんだそうです。
彼はフィーエルヤッペン同好会のアンソニー君。
陸上選手のような躍動感です。

更新:2010年8月10日
ども。世界一周中の西です。
アムステルダムの夕方。
この時期は夜は10時近くまで明るいです。

5Dmark2/EF24-105F4L IS USM

古い街並とモダンな路面電車がいい感じ。

更新:2010年8月10日
ども。世界一周中の西です。
ヨーロッパを東から西に横断する旅の最後は
ポルトガルのロカ岬。

5Dmark2/EF24-105F4L IS USM

ユーラシア大陸の西の端で、
親子連れが記念撮影していました。
いい天気でよかったね。

更新:2010年8月10日
引き続きヨーロッパの列車旅。
急行が止まる駅のプラットフォームにて。

RICOH GRD3

別れを惜しむ二人を
失礼ながら車窓からパチリ。

更新:2010年8月9日
ヨーロッパでは列車の旅を経験しました。
駅には空港とは違う活気があります。

RICOH GRD3

大勢の人が行き交うイタリアのある駅のコンコースにて。
一人がチケットを買いにいき、一人がプラットフォームの確認に、
一人はこうして荷物の番、というか疲れて座り込んでいるのか(笑)
我々クルー4人、チームワークで旅してます。

更新:2010年8月9日
ども。世界一周中の西です。
今回からようやくヨーロッパ編です。

5Dmark2/EF24-105F4L IS USM

サンマリノはイタリアの中にある、
このお城を中心としたとても小さな国です。
国旗もこのお城にある3つの塔がデザインされています。
美しい、という言葉しか思いつきませんでした。

更新:2010年8月4日
アフリカ編の最後はこんな写真を。
月が出ていたので天体撮影には不向きな夜でしたが、
どうしても撮りたかったのです。

5Dmark2/EF24-105F4L IS USM

北半球では見られない、南十字星です。
といってもどれが?という感じの写真ですが(笑)
テントで泊まった夜、食事を終えたあと、
仕事用の三脚を拝借して、20秒ほどの露光で撮りました。
月の明るい夜にこれだけの星が写るのは
人工の明かりがまったくなく、空気が澄んでいるから。
たき火の明かりでほんのり木の梢が染まっているのと
写真の下の方に飛行機が通った軌跡が映り込んでいるのが
アクセントといえばアクセントでしょうか。

アフリカはいろいろとトラブルもあったけど、
初めて目にするものばかりで本当に楽しかった。
また行きたいなぁ。
次回からヨーロッパの写真をアップするつもりです。

更新:2010年8月4日
引き続きアフリカはボツワナ、チョベ国立公園の写真。

5Dmark2/EF24-105F4L IS USM

バオバブの木です。
空の広さ、幹の太さ、自分の小ささ。
樹齢およそ1,000年と聞く前から
こりゃかなわんな、という気分になります。

更新:2010年8月4日
ボツワナ・チョベ国立公園での撮影風景。

5Dmark2/EF24-105F4L IS USM

空の奥行き、とでもいいますか、
雲がどこまでも広がっていて、
自然に深呼吸してしまいます。

更新:2010年8月4日
ども。世界一周中の西です。

5Dmark2/EF24-105F4L IS USM

説明不要ですね。ゾウです。
ボツワナのチョベ国立公園はアフリカゾウの生息密度では
アフリカ随一だとか。
サファリを車で走っているとあちこちで見ることができます。
このとき、私とゾウの距離は7、8メートルといったところ。
バリバリと木の枝を噛み砕く音が聞こえました。

更新:2010年8月4日
ども、世界一周中の西です。
今回もアフリカの写真です。

5Dmark2/EF24-105F4L IS USM

ボツワナのチョベ国立公園に昇る朝日。
とても贅沢な光景です。

更新:2010年8月4日
ども、世界一周中の西です。
本人はすでに南米にいますが、
写真をアップできるネット環境と時間がなかなかなく、
思うように更新ができずすみません。
もう少しだけアフリカの写真を。
今回は動物です。

5Dmark2/EF24-105F4L IS USM(トリミング)

ご存知、ヒョウです。
ゾウ、ライオン、サイ、バッファローと並んで
アフリカではビッグ5と言われていますが、
そのなかではもっとも出会う確率が低い動物だそうです。
ケニアのナクル湖国立公園でラッキーにも出会うことができました。
旅には望遠レンズを持ってきていないので
十分な大きさではありませんが、
それでも気品と静かな迫力はファインダー越しに伝わってきました。



プロフィール

西 靖Photo
名前:西 靖
生年月日:1971年7月8日
入社年:1994年
出身都道府県:岡山県
出身大学:大阪大学
趣味:釣り、スノーボード
何でもひとこと:出身地、岡山の観光大使やってます。私の観光大使の名刺で、日本三大庭園のひとつ、岡山後楽園にタダで入れます。まあ、仕事に結びつくかどうかは心許ないですが。

担当番組


西 靖アナが西村 麻子アナを30秒で紹介します!