毎日放送(MBS)



西 靖Photo

西 靖アナウンサーのブログ

撮ってみたんですが見ていただいていいですか

更新:2004年6月1日
これがストリッピングガイド。
釣り糸を通す金具です。
以前にもここに書きましたが、趣味と言うにはあまりにのめり込んで私はフライフィッシングをやってます。かつてブラッド・ピットが主演した映画「リバーランズスルーイット」で題材にされたりして、けっこうメジャーな遊びのように見えますが、その実、かなりマニアックな世界でして、あまり「私もフライが趣味なんですよ」という話を釣り人以外とした記憶はありません。私のように、竿を自分で作るというところまでくとなおさら。大阪中を捜しても片手に足りないほどしかないフライショップ、そのなかでロッドビルディング(竿作り)用品を扱っている店はほんの数店です。たしかに、例えば私が商売をしたとしても、こんな何に使うのかわからないマニアックなもの、置こうとはなかなか思わないです。しかも、私が頼りにしていたフライショップが先日閉店してしまい、ますます手軽には入手出来なくなってきました。

 こういうとき、ほんとに「インターネットって素晴らしい」と思いますね。こんなマニアックな世界でも(マニアックだからこそ?)ネットで通販をしている店があるのです。今回お世話になったのは埼玉にあるフライショップ「レオン」。とりわけビルディングツールやパーツが充実しているお店です。多分、何のこっちゃ?と思われると思いますが、今回の私と私の仲間で買ったもののリストです。

・タングステンスネークガイド 2/0を8個、1/0を6個など各サイズ
・トップガイド 4.0を3個
・ミルドラムストリッピングガイド#8を4個
・荒削り用スタンレー替え刃、鋼材製を3枚

竿作りにつかう洋カンナの替え刃。よく切れる日本製が手に入りました。
ね?訳わかんないでしょ?ちなみにレオンにお電話すると明るい女性の声が返ってきました。フライの世界では女性はわりと少ないので、おやっ?と思いましたが、お話してみるとこれが頼もしいこと。在庫問い合わせにもきっちり答えていただき、逆に「その竿ならこの色も合うと思いますよ」なんてアドバイスも頂きました。値段も適正価格だし、注文後は極めて迅速に発送していただき、気持ちよく買い物が出来ました。ちなみに上記の総額は2万4000円ちょっと。適正価格とはいえ、フライの道具やマテリアル、ツールはもともと結構高いんです。それが今の悩みと言えば悩みですかね。結局竿を作ると、竿を買うより高くついたりして。でも、作る楽しさや、自分で作った竿で釣る喜びはちょっと代えがたい悦楽ですが。




プロフィール

西 靖Photo
名前:西 靖
生年月日:1971年7月8日
入社年:1994年
出身都道府県:岡山県
出身大学:大阪大学
趣味:釣り、スノーボード
何でもひとこと:出身地、岡山の観光大使やってます。私の観光大使の名刺で、日本三大庭園のひとつ、岡山後楽園にタダで入れます。まあ、仕事に結びつくかどうかは心許ないですが。

担当番組


西 靖アナが西村 麻子アナを30秒で紹介します!