毎日放送(MBS)


西 靖Photo

西 靖アナウンサーのブログ

撮ってみたんですが見ていただいていいですか

更新:2004年4月23日
たくさんありますが、
それほど飲兵衛ではありません
 もともとそんなにお酒を飲むほうではないんですが、飲む席そのものは嫌いではありません。というかむしろ大好きです。で、気がつけば家でも結構飲むようになってしまいました。量は多くないんですが、ちびちびと飲むタイプ。あんまり飲むとすぐにヘベレケになってしまうのでちびちびやるんです。テレビを見ながらとか、本を読みながらとか。どちらかというとウイスキーや焼酎といった蒸留酒を飲むことが多いです。今回は私が家で飲むために買っているお酒を紹介します。

 写真がないんですが、最近よく飲むのが焼酎。もっぱら芋焼酎です。銘柄は「黒霧島」とか「さつまおごじょ」。今の時期はロックで飲みますが、冬場は「ちちんぷいぷい」で山中アナが紹介した「黒ぢょか」という急須のような土瓶でお湯割りにして飲んでました。お湯割りといいますが、正確には焼酎と水を好みの割合で入れて、とろ火で燗して飲むんです。九州・鹿児島では、大阪のたこ焼き器のようにどの家庭にもあるもののようで、普通のお湯割りよりまろやかというか、まるーい味になる気がします。ぷいぷいで紹介したあと買おうとしたら品切れでずいぶん待ったので、よけいに美味しく感じるのかもしれません。お酒の味って気分でずいぶん変わりますもんね。

これがラガヴーリン。
もったいなくて飲めない!
 2本目にウイスキー。ちょっと好みがうるさくて、シングルモルトのスコッチ、それもアイラ島というところでつくられるものが大好きです。シングルモルトというのは文字通りブレンドしないで、単一の蒸留所でつくられたものを言います。そのため、ブレンドウイスキーと比べてクセというか、性格がはっきりしているものが多いです。その中でもアイラ産のモルトは正直言ってかなり変わった風味を持っています。磯の香、ヨード臭、スモーキー、いろいろな言い方があります。人によっては薬臭いとか、病院の匂いがする、なんていう人もいます。ウイスキーを造る過程で麦芽を乾燥させる際、燃料にピート(泥炭)というものを使うんですが、その煙の香がこのアイラのお酒の性格を強烈なものにしているらしいです。とまあそんなウンチクは別にして、ハマる人はハマる、クセモノのウイスキーだということです。

 あまり詳しくないのですが、代表的なところではボウモア、アードベッグ、ラフロイグなどが挙げられます。で、最近私が買ったのは「ラガヴーリン」。これも非常に有名なアイラウイスキーで、16年ものです。ウイスキーやワインの味を表現するにはいろんな独特の言葉が使われますが、私はうまく言い表せません。煙くさいんだけどフルーティーというか、病院くさいのに草原の香というか…わかんないですよね。バーによっては置いてあるので、良ければ飲んでみてください。私も最初は外で飲んで、気に入ってあちこち探してなんとか手に入れたんですが、やっと手に入れた、というのと結構高いので、なかなか封を切るきっかけがつかめません。ちょうど不況で生産量が落ち込んだ時期のものが熟成して出荷の時期にきていて、もともと今は本数が少ないところに、少ないがゆえなのか人気もあって、なかなか手に入りにくいのだとか。なにかいいことでもあったら飲もうかな、と。




プロフィール

西 靖Photo
名前:西 靖
生年月日:1971年7月8日
入社年:1994年
出身都道府県:岡山県
出身大学:大阪大学
趣味:釣り、スノーボード
何でもひとこと:出身地、岡山の観光大使やってます。私の観光大使の名刺で、日本三大庭園のひとつ、岡山後楽園にタダで入れます。まあ、仕事に結びつくかどうかは心許ないですが。

担当番組


西 靖アナが西村 麻子アナを30秒で紹介します!