松井 愛Photo

松井 愛アナウンサーのブログ

愛のあいあるLOVE日記

更新:2010年8月27日
残暑お見舞い申しあげます。



・・・とは言うものの、



朝晩は、さすがに、すこーーーーしだけ秋の気配が感じられますね。


ホントにすこーーーしだけですけどね。


でも、昼間は、まだまだ暑すぎて、外での仕事の日は、ホントにぐったりしてしまいます。


しかも、この暑さ、10月まで続くと言われているそうで、軽く恐怖すら感じる今日このごろ(泣)


そんな汗だくの毎日を、自分なりに、少しでも快適に過ごそうと思うわけですが、

今年の猛暑を乗り切る「マイブーム」をご紹介しますと・・・


まずは、ラジオ「上泉雄一のえぇなぁ!」で実際に見て気に入って購入した

‘ひんやりタオル’

水に濡らして、空気を含ませるようにバフバフ振ると、ひんやり冷たくなって、
首にまいておくと、熱中症対策になります。

ぬるくなったら、また水に濡らしてバフバフ。

しかも、洋服は何故か濡れない、というスグレモノ☆


最近、日課になっている、夕方のウォーキングや、息子の外遊び用に活躍しています。


そして、「Sisley」のシャンプーとコンディショナー。

メントールとアロマのW効果で、頭皮からすっきり心地よく洗い上げられます。

特に、外でロケの日の夜は、このシャンプーで早く髪の毛を洗いたい一心で
家に直行するほど心待ちにしてしまいます。

メントール系のシャンプーというと、さっぱり洗いすぎて、
あとで髪の毛がカシカシするので苦手、
という方もいらっしゃるかもしれませんが、
このシャンプーは、そのスッキリ感と安堵感のバランスが絶妙☆

コンディショナーも、香りが上品で、この夏にハマッています。

あぁ・・・ホントに、いつまで続くか分からない、この猛暑、
みなさん、熱中症にならにように、少しでも気分よく、
クーラーも上手に使って、体調管理していきましょうね〜!

更新:2010年8月13日
この季節の上映には意味があり、


「戦争は絶対にしてはいけない」と、改めて口に出せる。



そんな映画でした。




「キャタピラー」。




主演の寺島しのぶさんが、
ベルリン国際映画祭主演女優賞を獲得されたことでも
注目されていました。

その寺島さんへのインタビューを前に、
一足先に観せていただきました。


太平洋戦争中に、世界各地で戦局が激化する昭和18年、
日の丸を背負い、戦地へと赴く夫。

その夫が、激しい戦闘の末、手足や聴力、言葉も失った姿で
自分(妻、寺島しのぶさん)の元に送り返されてきたとしたら・・・


首には勲章をぶら下げられ、村人からは「軍神さま」とたたえられるものの
家では、最後まで残った夫の‘食欲’と‘性欲’とに
直面させられる妻。


画面の中の映像とはいえ、正直、直視できない、
目をそらしたくなるシーンの連続で、
観るだけで心神ともにエネルギーを消耗する映画です。

でも、これが、たった65年前の日本の現実だったのです。

しだいに腹を据えて、画面を正視し、考えました。


‘人間’とは何か、‘人の尊厳’とは何か。


そして、やはり‘戦争’とは何か・・・。


戦地に行かなかった、女性にとっての‘これが’戦争だったのだ。


最初は献身的に夫を支える妻の中にも、しだいに「人間として当然の感情」が湧き
非情なパワーバランスの崩れが起きて・・・

そんな中で迎える、終戦のとき。

妻は夫から、女性は時代から解放される。


今この2010年を自由に生きている女性は、
一度立ち止まって考えなければばらない時なのかもしれません。

「自由」とは何か。「欲望」とは何か。

そして「生きていく」とは何なのか・・・

映画「キャタピラー」明日8/14からロードショー開始です。

主演の寺島しのぶさん、実際にお会いすると、現代の女性を象徴する美しさと強さのオーラに圧倒されました



プロフィール

松井 愛Photo
名前:松井 愛
生年月日:1970年11月4日
入社年:1993年
出身都道府県:大阪府
出身大学:甲南女子大学
趣味:セルフ美容、サッカー観戦、映画鑑賞
何でもひとこと:人を観察するのが好きです。今でも裸眼視力が2.0、コソコソ話もはっきり聞こえる地獄耳。そのうち、見えないはずのものまで見えたりして(笑)話を“盛る”のも大得意♪人生の小さな“おもしろみ”を毎日探す肉食系ハンターでいたいです。

担当番組


松井 愛アナが上田 崇順アナを30秒で紹介します!