松井 愛Photo

松井 愛アナウンサーのブログ

愛のあいあるLOVE日記

美味しいお弁当でした☆

更新:2009年5月29日
「あ、しゅみさんの おべんとう!」


と、家の近所のセブンイレブンのポスターを見て、言うので


買ってみました☆

角淳一プロデュース(・・・というか、角さんが食べたい弁当?)の
「ちちんぷいぷい角の☆印弁当」。

角さんに、息子と弁当の2ショット写真を添付してメールしたら

「お買い上げ、ありがとうございます。明日も食べてください。」
と返信が来ました。


明日も・・・


みなさん、よろしくお願いします(笑)!

絶賛、販売中です☆

プリンセス・トヨトミ

更新:2009年5月28日
久しぶりに、寝食忘れて読みふける本と出会いました。


万城目学さんの「プリンセス・トヨトミ」。

帯に書いてある‘5月末日の木曜日、大阪が全停止した’に惹かれ、

本好きの上泉アナから借りていたのですが、


家に帰ると、子供にまとわりつかれ、電車に乗ると爆睡してしまい、
なかなか一気に読み続けられない状況だったのですが

絶対に5月中には読み終えたい!と思っていました。

だって、5月末日には大阪が全停止するシチュエーションだったら
そのタイミングで読み終えて、気持ちをシンクロさせたい!

・・・で、今週に入って、子供が寝たあとや、パパがお風呂に入れてくれてる間に
一気に読みました。


・・・いやぁ、最高におもしろかった。

内容は、もちろん言いませんが、大阪人は、必読です。
自分が大阪人たるアイデンティティーに、グッと迫られる、
お腹のあたりに、大阪城と、お好み焼きと、ひょうたん(?)を
押し付けられる思いがしました(笑)。

大阪の女性、男性、また、大阪人と、うっかり知り合いになってしまった大阪以外の方、
ぜひ、一度、この本を一度手に取ってみてください。

歴史本とはひと味違った、大阪の魅力にひきこまれるはずです。
いや、ひきこまれていただきたいです!ぜひ!

手作りのケーキ、いや、私じゃなくて・・・

更新:2009年5月13日
こないだ、うちに遊びに来てくれたママ友(ママ友達)が

我が家でケーキを焼いてくれました(笑)!!


そのママ友は、男の子3人のお母さんで、百戦錬磨。
でも、見た目はとっても穏やかで、のーんびり屋さん。

息子たちが家の中でギャーギャー走りまわってる間に
キッチンで、そのお母さんが、サササッと手際よく作ってくれました。

製菓学校を出て、パティシエの夢を持つ彼女は、
普段でも、おやつをよく手作りしていて、
うちにも、おすそ分けしてくれたり、一緒に作ったり・・

親同士の悩みや、育児の不安、色々おしゃべりしながらの
あっという間の時間でした。

心を許せるママ友に支えられ、毎日我が家は笑顔でいられるのです。

ありがとうね。

・・・で、これからもよろしくね(笑)!

あれから6年・・・

更新:2009年5月8日
GWも終わり、昨日から普通の毎日です。

でも、なんとなく、のんびりモード・・・

シャキーンとしなくてはいけないのですが、
まだ、心身ともにスローペースです*0*

さて、GW中に、少し早めの息子の誕生日会をしました。

本人は「おたんじょうびって、ひさしぶり〜」とご満悦(笑)

ケーキの箱からは・・

ママお手製のフラワーケーキのアレンジメント!
もちろん食べられませんが、美味しそうでしょ(笑)

息子も、もう6歳です。
年長さんです。

来年、小学生・・・

最近、ますます大人びて?見えて、
我が子ながら、まぶしくて、ちょっぴり複雑・・・
本当は、今のままストップしてほしいぐらいです。

ちょっと前までは、
「早く大きくならないかなー」
「早く手がかからないようになってほしいなー」
と、そんなことばかり思っていました。

でも、今では、自分で着替え、自分で食べ、眠いときは自分で勝手にベッドへ行って寝てしまいます。

淋しい。

親って、勝手なもんですね(泣)

・・・で、こないだ息子にも言ってみました。
「あんまり急いで大きくならないでね、淋しくなっちゃうから」



そしたら



「ママ、しょーがないよ。それが‘じんせい’ってもんでしょ!?」



って、6歳児に、人生語られちゃう、まさかの展開。

6歳で、悟っちゃってるのね、あなた。

でも、懲りない母は
「だってさー、大きくなったら、もうママのこと好きじゃなくなっちゃうでしょ?」
と、重ねて聞いてみた。



で、返ってきた言葉はこう。


「んーー。でもぉ、くちでキライってゆっても、こころのなかでは、ずっと、だいすきだよ」



☆☆☆☆☆!!!!!☆☆☆☆☆!!!!!


母は、もうジューブンです。一生分の‘ありがとう’をもらいました。

今後、彼が反抗期を迎えても、この言葉を胸に生きていけそうな気がします(笑)

いや、大袈裟でも何でもなく。ホントに。


でも、彼が本当に反抗期になったとき、

「あんた、そんなエラそうなこと言ってるけど、小さいときはねーー・・・」なんて
思い出話しないようにしなきゃね。今度は本気で嫌われるね。


気をつけよ(笑)

愛すべき存在なんじゃないですか?

更新:2009年5月1日
あの、松本幸四郎さんの奥様、紀子さんが

‘ご主人のことを一言で言うと・・・?’の問いの答えです。

「愛してる」でも、「愛すべき存在です」でもなく

「愛すべき存在なんじゃないですか?」という疑問系・・・(笑)


その言葉に、お二人がまさに二人三脚で、ここまで歩んでこられた軌跡が
単純なものではなく、深く、苦味も、辛さもあった道のりであったことを
感じさせるのです。


さて、日本最高峰のミュージカル「ラマンチャの男」が
今日5/1から、イオン化粧品シアターBRAVA!で上演されます。

松本幸四郎さんは、この「ラマンチャの男」の主人公ドン・キホーテを
1969年の初演以来40年間にわたり、1121回演じてこられました。

しかも、大阪では10年ぶりの幸四郎さん演出、主演での公演。

さらに、前回の公演では鳳蘭さんが演じてらした麗しの姫
アルドンサを松たか子さんが演じます。


先駆けて行われた記者会見&トークショーで
松本幸四郎さんとご一緒させていただいたのですが


見るからにジェントルマンでいて、しかもユーモアもおありになる。

「ラマンチャの男」にかける情熱の強さと、主人公ドン・キホーテへの熱い想い。

松本幸四郎さんは、まさにスペイン、ラマンチャの男であり、
夢を追い続ける少年のようでもありました。

そんな幸四郎さんは、記者会見のあいだ中
会場の一番後ろで静かに見守っている奥様の紀子さんを、いつも目で確認し、
紀子さんが笑っていらっしゃるときが、
一番、幸四郎さんが安心しておしゃべりされているように見えました・・・。

ステキな時間でした。

「ラマンチャの男」、5/18までです。
チケット、残りわずかだそうですが、
ぜひぜひ、みなさんも、このエネルギー感じてください!

私も、すでに入手しております!
シアターBRAVA!でお会いしましょう☆



プロフィール

松井 愛Photo
名前:松井 愛
生年月日:1970年11月4日
入社年:1993年
出身都道府県:大阪府
出身大学:甲南女子大学
趣味:セルフ美容、サッカー観戦、映画鑑賞
何でもひとこと:人を観察するのが好きです。今でも裸眼視力が2.0、コソコソ話もはっきり聞こえる地獄耳。そのうち、見えないはずのものまで見えたりして(笑)話を“盛る”のも大得意♪人生の小さな“おもしろみ”を毎日探す肉食系ハンターでいたいです。

担当番組


松井 愛アナが上田 崇順アナを30秒で紹介します!