松井 愛Photo

松井 愛アナウンサーのブログ

愛のあいあるLOVE日記

更新:2007年9月7日
実家で飼っていた猫が、天国へ逝ってしまった。

15歳だった。

私が毎日放送に入社してすぐの夏、
上司の城野アナウンサーから譲り受けた猫だった。

3人の子供たちが、それぞれ独立したあとの松井家にとって
末っ子として、うちの両親が溺愛していた‘ジョー太’くん。

人間でいうと、もう80歳を超えるおじいちゃんだったから
もう、かなりヨボヨボしていて、最近では食欲もなく、
1日中、玄関先のタタキでゴロンとしていることが多かった。

でも、母は毎朝、ジョー太をお風呂に入れて体をキレイに洗ってやっていた。

「その日」は、なぜか、母が、いつもより丁寧にジョー太の体を洗ったと言っていた。

「その日」たまたま3週間ぶりに実家に寄った。
もう、たぶん目も見えていなかったジョー太が、
私が玄関の扉を開けた瞬間、か細い声で「アー・・・」
と鳴いたので
「ジョーくん、ただいま。うるさくしてごめんね。ゆっくり寝ててね」と声をかけた。

ゆっくり寝ててね・・・

それが、私がジョー太にかけた最後の言葉になってしまった。

リビングでお茶を飲みながら母としゃべっていたら
「なんか呼ばれたような気がする」と母が玄関に走って行った・・・

ジョー太は、いつもの姿勢のまま、動かなくなっていた。

ほんの10分前までは「アー・・・」と言っていたのに。

もっと、もっと抱きしめてやればよかった。

もっと、もっとお話すればよかった。

ジョー太くん、うちに来てくれてありがとう。

家族になってくれて、ありがとう。

あんなちっちゃい体になっても、最期まで頑張った。

「逝く」ことは「生ききる」ことだと教えてくれた。

ジョー太くん、天国でもお友達と仲良く遊んでね。

ありがとう。

大好きだよ。



プロフィール

松井 愛Photo
名前:松井 愛
生年月日:1970年11月4日
入社年:1993年
出身都道府県:大阪府
出身大学:甲南女子大学
趣味:セルフ美容、サッカー観戦、映画鑑賞
何でもひとこと:人を観察するのが好きです。今でも裸眼視力が2.0、コソコソ話もはっきり聞こえる地獄耳。そのうち、見えないはずのものまで見えたりして(笑)話を“盛る”のも大得意♪人生の小さな“おもしろみ”を毎日探す肉食系ハンターでいたいです。

担当番組


松井 愛アナが上田 崇順アナを30秒で紹介します!