松井 愛Photo

松井 愛アナウンサーのブログ

愛のあいあるLOVE日記

更新:2007年1月26日
いよいよ受験シーズンですよね。

もう、ここまで来たら‘勉強’することよりも、
体調管理に、みなさん徹していらっしゃるのではないでしょうか。

外から帰ったら、手洗い、うがい。

っていうか、必要のない外出そのものは、もうやめましょう。
こんな冬の乾燥した状態では、いろんな菌やウィルスがウヨウヨです〜
ダメダメ!電車で、隣の人がくしゃみしたり、咳き込んだだけで、もうアウトよ!
大事な試験の前に、風邪引いて熱出したらエライことです。

そんなときは、さっさと車両を移動して、時間に余裕のあるときは
いったん駅で降りて、新鮮な空気を吸いましょう(笑)

いやいや、笑いごとじゃなくて、私、ただでさえ抵抗力の弱いヤツなので
冬場は、すっごく気をつけてるんです。
特に温度差には敏感です。
暖かい部屋から寒いところに出るときなんかは、必ずマスク。
実は私、夜寝るときは、1年中マスクしてます。
自分の息で、適度に湿気て良いんですよね、これが。
おかげで、だいたいどっちかのほっぺたには、マスクのゴムのあとが・・・
しかも、これが年々、あとが消えるまでに時間がかかる、かかる(笑)!

今年は、お腹にくる風邪も流行りましたから、
この時期は、食べるものにも要注意です!
特に、受験生は生ものは避けたほうがいいんでしょうね。
ただでさえ、緊張でお腹が痛くなるタイプの方は、ゼヒものです!

そして、松井家では、代々受験生が試験前夜に食べるものと、
試験当日、会場に持っていくお弁当のメニューが決まっていました。

以前、息子の保育園用に
作ったお弁当です
それは・・・前夜「ビフテキ」、当日「トンカツ」・・・

「テキ」に「カツ」・・・

「敵」に「勝つ」・・・

・・・バンザーイ!^0^/

この期に及んで、「ダジャレ」ときた。

すごいね、お母さん。
でも、ありがとう。その感性は好きよ。
おかげで、3人の子供は、全員志望校合格してきたもんね。

ワタクシも、将来、踏襲させていただきますわ。

受験生を抱えていらっしゃる親御さん、
ご苦労お察し申し上げます。
最後は、お母さんのダジャレ弁当で元気に送り出してみてくださいませ。
試験会場で、ふたを開けたとき、ププッと笑えてリラックスできるかも・・・(笑)


更新:2007年1月12日
2007年も、もう10日以上経ちました(笑)

みなさま、寒中お見舞い申し上げます。

仕事にプライベートに、マイペースで進んで行きたいと思っています。
今年もよろしくお願いします。

さて、今、大阪では商売繁盛のお祭り「えべっさん」が行われています。
関西以外の方はあまりご存知ないお祭りだと思いますが、
大阪は、商人のまち。
年の初めに、笹にいろんな縁起物を付けてもらい福を授けていただく・・・
という独特のもの。
最近では、西宮戎の開門神事「福男」が全国ネットのニュースで取り上げられているので、そちらのほうが、みなさん認知されてるかもしれませんが、
大阪の今宮戎神社で、笹に縁起物を付けるお手伝いをしているのが「福娘」で、毎年コンテストで選ばれた50人の女の子が、関西では取り上げられることが多かったのです。

その「福娘」に選ばれたのが、もう16年も前のことになってしまいました(笑)!!
ちょうど20歳。大学2年生のころでした。

そのころ、世論は‘ミスコン反対’の風が吹いていて、「女性に順位をつけるなんてケシカラン!」と大人は怒っていたのでした。
まだまだ、子供だった私は、子供のころから憧れていた「ミス福娘」に選ばれた嬉しさだけで、そんな難しいこと、正直言って考えたこともなかった。
でも、新聞記者さんや、テレビ局の大人たちは、それを許してはくれなかった。
どこに行っても、聞かれるのは、そのことばかり・・・
「なぜ、このミスコン反対のご時世に、ミスコンに出たのか、そして、1番に選ばれてどういう気持ちなのか」

そのたびに、「福娘は、水着審査があるわけではありません。顔やスタイルの美醜が問われているコンテストではなく、商売繁盛の福々しさを競ったんだと思います。」と答えていましたが、とても困ってしまいました。

しかも、その次の日の新聞には「今年のミス福娘、自分が選ばれたのは美人だからではない、と困惑顔」
と書かれる始末・・・

「あぁ、自分の思ったことを正しく伝えるのは、なんと難しいことか。言葉とは、残酷なものなのだ。」
と思い知った、弱冠20歳のコムスメでございました。

福娘から16年経ったら、
こんなんになりました(笑)
ただ、すべては‘一期一会’。
これをきっかけに、アナウンサーという仕事を目指し、この「マスコミって怖い」話題で面接も乗り切り、当時、他局のリポーターさんで、福娘の先輩として取材を受けた古川圭子ちゃんと、その2年後、同期のアナウンサーとして毎日放送に入社することになる。

毎日、毎日、私たちはどこかで誰かと出会っている。
すべては偶然ではなく‘そうなること’が決まっているらしい。
そう思うと、人生、なかなか楽しい・・・(笑)!?

そんな感じで、今年もよろしくお願いします!



プロフィール

松井 愛Photo
名前:松井 愛
生年月日:1970年11月4日
入社年:1993年
出身都道府県:大阪府
出身大学:甲南女子大学
趣味:セルフ美容、サッカー観戦、映画鑑賞
何でもひとこと:人を観察するのが好きです。今でも裸眼視力が2.0、コソコソ話もはっきり聞こえる地獄耳。そのうち、見えないはずのものまで見えたりして(笑)話を“盛る”のも大得意♪人生の小さな“おもしろみ”を毎日探す肉食系ハンターでいたいです。

担当番組


松井 愛アナが上田 崇順アナを30秒で紹介します!