松井 愛Photo

松井 愛アナウンサーのブログ

愛のあいあるLOVE日記

更新:2001年11月22日
lomoカメラとともに、ちょっと(かなり?)遅めの夏休みで、台湾・韓国に行ってきました。

旅の報告(2)韓国編です。

韓国は、とにかく寒かった〜!!
最低気温は2〜3℃。しかも台湾から行ったので、温度差が20℃以上!!寒いというより、もぅ痛かった・・・。鼻で息を吸い込むと、あまりの空気の冷たさで喉の奥がヒリヒリする感じ。
「あぁ、だからキムチとか辛いものを食べて‘暖’を取るわけね・・・」と納得。
しかも本当に身体の芯から温まる!
日本にいる時は、ニンニクのニオイが気になるから ちょっと控えようなどと、高慢なことを思うのに、やっぱり現地へ行くと そんなこと考えずに3日間、毎日イッテタような気がする・・・。 だって美味しいんだもん!いいんだもん!

サンゲタン 風邪気味の時にはサイコー!!一発で治ります
韓国へ行ったのはコレが3回目ですが、今回初めて食べたのが「サンゲタン」。
辛い食べ物が多い韓国料理の中で、これは珍しく塩味のスープで、もち米や朝鮮人参、なつめ、栗などを詰めた鶏肉をまるごとドーン!と煮込んであるもの。旅の間、食べ過ぎで、毎日ご主人様にヒーヒー言わされてきた胃が、喜ぶのが分かりました。フフフ。サッパリしていて、すごく美味しかった!旅の締めくくりに相応しい一品。

私は、アジア旅行が大好きで、だいたいどこの国に行っても、現地の人とすぐ仲良くなれる方なのだけど、今回はちょっと特別・・・。本当のお友達ができました。

左が 善ちゃん。後ろに見えてるのは‘南大門’
彼女の名前は「趙 善慶」(チョ ソンキョン)。私は「善(ぜん)ちゃん」と呼んでいました。この春からツアーガイドになったばかり、山田まりやちゃん似の23歳。
空港からホテルまでの送迎だけをお願いしていたんだけれど、その1時間の間に、いろんな話をして、彼女の素直なかわいらしさに惚れてしまいました!
釜山の大学で日本語を勉強して、日本にも留学で来たことがあるという彼女。ホントに勤勉で、謙虚で、私が話す言葉で知らない単語が出てくると、一生懸命聞いて覚えようとする。最初に教えたのは・・・「合コン」・・・。(ナニ教えてんねん!?)

次の日も、善ちゃんは仕事が休みだったにも関わらず、地元の人が食べに行くお店に連れて行ってくれたり、通訳として買い物に付き合ってくれたり。帰りには、韓国のお人形をお土産にくれて、「淋しい・・・クスン。」と涙。  私が男だったら、もぅその場で抱きしめてしまっていたわ!抱きしめる代わりに握手して、お礼を言って、「今度は日本、大阪で会いましょう」と約束しました。

このページも、韓国で、善ちゃん見てくれると言ってたなぁ。

「善ちゃん、ホントありがと。教えてくれたキムチ屋さんでキムチ買いました!あっノリも。 あなたのおかげで、私は韓国のことが もっともっと好きになりました。近いうちに日本に‘タタミの香り’かぎに来てね。」


更新:2001年11月16日
旅から帰ってきたら、もうすっかり日本は初冬になっていました。

私、このたび遅めの「夏休み」を取って、台湾・韓国へ遊びに行っておりました!
私が「夏休み」を取っている間に、日本では 木枯らし1号が吹いていたとは・・・四季があるのはスバラシイことです!

しかも、台湾から韓国への直行便が取れなくて、なんと関空を経由しての4泊5日の旅です。日本〜台湾〜日本〜韓国〜日本。まるでアジアのアイドル歌手のような移動でしょ(笑)!?さらに、31回目の誕生日を台湾で迎えました!ケーキではなく、とっても美味しい上海料理でお祝いしてもらったんですが、何を食べても美味しくて、旅行から帰ってきて体重計に乗ったら・・・トンデモナイ!!ことになっていました。
しばらくはお茶漬けの日々です。ハハハ


さて、今回は旅の報告(1)台湾編です。

漢字表記なので、意味が分かりやすいよねこう見ると、まるで新御堂筋でしょ
大人気のデザート専門店これが「マンゴーシェイクのマンゴーアイス乗せ」300円くらい
台湾は、大阪の雰囲気で、メインストリートはまるで新御堂筋のよう。車や人、お店も大阪の町にいるみたい。ただ暑かった〜!27℃くらいはあったかなぁ?あ、それと車の通行は反対だった。

それと、今 台湾では「マンゴー味」ブームらしく、地元の人で行列ができるほど人気のデザート専門店に、私も並んでみました。日本語表記が無かったので、適当にメニューを指差して注文・・・出てきたのは、「マンゴーシェイクのマンゴーアイス乗せ」
ドロドロしてて、ちょっと怖い気もしたんですが、これがウマイ!!んです。全然クセのない ほのかな甘味と、絶妙な酸っぱさ。しかも、キンキンに冷えているのです。これが!これは、ホントにはまります。

この人ごみの中に私がいます。わかる?小龍包以外にエビギョーザ、エビシュウマイ
あと台湾で、絶対食べたかったのは「県泰豊」の小龍包。こちらも恐ろしいくらいに混んでいました。店内で食べるには1時間以上並ばなければいけないということで、お持ち帰りに。これなら15分くらい。これでも充分にアツアツで、口の中で出汁がジュゥーと出る感じが やっぱり本場の味!

ほんと美味しい国、台湾でした。えッ!食べ過ぎ??
フフフ・・・韓国でももっと食べてます。次回は旅の報告(2)韓国編です。



プロフィール

松井 愛Photo
名前:松井 愛
生年月日:1970年11月4日
入社年:1993年
出身都道府県:大阪府
出身大学:甲南女子大学
趣味:セルフ美容、サッカー観戦、映画鑑賞
何でもひとこと:人を観察するのが好きです。今でも裸眼視力が2.0、コソコソ話もはっきり聞こえる地獄耳。そのうち、見えないはずのものまで見えたりして(笑)話を“盛る”のも大得意♪人生の小さな“おもしろみ”を毎日探す肉食系ハンターでいたいです。

担当番組


松井 愛アナが上田 崇順アナを30秒で紹介します!