安藤忠雄の周りには、不思議と同じようにいろんなことに「挑戦する」人たちが集まってくる。
彼らの言葉をつむぎながら安藤忠雄の姿を浮かびあがらせます。

山中伸弥(京都大学iPS細胞研究所所長)
日本の研究者をとりまく現在の環境、世界との違い、今後の研究者支援の望むべき形態などを語る。
野口健(アルピニスト)
野口のネパール大地震支援やヒマラヤ植樹活動、そして「海の森プロジェクト」(東京湾に浮かぶ、ごみと建設発生土で埋め立てられた中央防波堤内側埋立地に苗木を植え、美しい森に生まれ変わらせる計画)まで、行動力・決断力について語る。
庄司紗矢香(パガニーニ国際ヴァイオリン・コンクールにて史上最年少で優勝したヴァイオリニスト)
安藤忠雄が設計した瀬戸内海に浮かぶ直島の「地中美術館」のモネの部屋でヴァイオリン演奏を披露する。
古賀稔彦(バルセロナ五輪柔道金メダリスト)
安藤忠雄が設計した道場で、柔道を通した「子どもの教育」の難しさを語り合う…