標的の島

2017年4月21日

三上智恵監督の「標的の島 風かたか」を見てきました。
沖縄で取材したことがあるなら(そうでなくても)見なきゃいけないなと
思っておりました。

沖縄は古くからユタとかノロと呼ばれる霊媒師さんたちがいて、
皆さんの暮らしに近い所につねにいるそうです。
「医者半分、ユタ半分」という言葉があって、不調の時に相談するのは
お医者さんとユタと半々くらいだとか。

そういう僕らが感じられない言葉とか文化とか生活とかが根付いている
地域に本土からいって話を聴かずにものを決めるってのは
ちょっと違うんじゃないかなって、沖縄で取材する度に思ってました。

この映画も見ていてそういうところを感じずにいられませんでした。
ぜひ、一度ご覧になって下さい。

Is life fruity?

2017年4月13日

会社の先輩の何人かも大絶賛の映画「人生フルーツ」をようやく見てきました。

建設家の津端修一さんと英子さんのドキュメンタリ。
ほんとに素晴らしいし、人生の教科書のようなお手本のような。
涙がポロポロ。
そしてご自宅がとても素敵なのです。木造の平屋。田畑。木の実。鳥の水飲み場。

大きな流れがあってそれには抗えないと最近よく思うのですが
やはり自然の流れや輪廻は美しいと思うのです。
ぼくらはいらないことをいっぱいやって無理して生きているように
思ったりとかするんですね。
理想と現実とのギャップに苛まれながら、でもきっと出来るんだと
思って、ちょっと更に人生シフトチェンジしていければなと感じました。

運良く先だって作りての方々の話が聞けたのもラッキーでした。

自分は自分で、
やれることを自分のペースでコツコツと。それで良いんですよね。ふぅ。

ランチタイム探訪

2017年4月12日

ランチタイムに散歩がてら桜の咲いている公園へ。

まさに花冷えで、さらに雨の割には長持ちしたのかもしれません。
緑の葉が少し見え始めておりました。
葉桜へと変わっていきます。

そうなればまた、
新しい季節の始まりですね。

20170412-2.jpg

ドラゴン

2017年4月12日

干支はドラゴンです。
こいつ、なんか憎めないのです。

20170412.jpg

若さゆえ

2017年4月10日

泊まり勤務中に浅田真央さんの引退のニュースが飛び込んできました。
朝から各局、彼女の幼少の時からの映像を流しています。

おかしい。なにかがおかしい。

そう、まだお若い浅田さんは競技人生を遡って過去の映像を出してきても、
映像の画質は美しくて、劣化がないのです。
これまでの選手の引退などを振り返ると、
テレビのアナログ時代、ブラウン管時代の映像を遡るようなストーリーになり
懐かしさが漂う画質の映像が登場し、むしろそれに安心してしまうケースが殆どでした。

浅田さんは劣化のない過去の動画がわんさかでてきて、
昭和時代のワタクシとしては違和感なのです。

不思議な時代になったものです。
...そしてお疲れ様でした。