甘納豆

2017年6月21日

会社に甘納豆が届いた。
子供の頃何より甘納豆が大好きであった。が、納豆はいまだに食べられない。
懐かしい味である。食べだしたらそのころを思い出してか止まらない。
果たしてなぜ、甘納豆は「納豆」がつく名前になったのだろうか?
糸も引かないし、発酵もしてないだろうにね。

カウンターメディアの面白さ

2017年6月19日

先日、TBSラジオの「Session 22」荻上チキさんにインタビューをさせていただいた。

この日曜日の65人のなかまでオンエアされたのですが、
本番前に貴重な時間を作っていただいた。新進気鋭の評論家は
情報の流れ、伝わり方について熟知してらっしゃって、
ラジオはカウンターメディアというところには感銘を受けたし
なによりこの音声メディアの可能性を信じて、新しいものを作っていることが
すごくよくわかった。番組では森友問題で先駆けて籠池氏にインタビューをするなど
している反面、柔らかい話も扱うということ。
ネット経由などで大阪でも聴けるので、もう少し頻度を上げて聞いていこうと思いました。

収録の合間、番組の長谷川プロデューサにも話を聞いたのですが、
チームワーク、スタッフワーク、勉強になる話ばかりでした。

まだまだこれから試してみたいことがいっぱいあるんですよ。
そういうの少しでもやっていけたらなと思いました。

便利な世の中でradikoタイムフリーでまだ聴けるようです。
検索してみて
よろしければお聴き下さい。

URL: http://radiko.jp/#!/timeshift

父の生家

2017年6月 1日

父親のことはあまり詳しく知りません。
ただ、先だって父の生まれた家(数回しか言ったことがない)の住所を聞き、
なんと某インターネット地図であたりを確認するという不思議なことをしていました。
親の家をネットで調べるなんて、便利な時代ですが、不思議な時代です。

今日たまたま取材でその近くを通りました。
すると急にあたりの景色がその地図の写真で確認した景色と重なったのです。

ここだ。

慌てて調べてみるとやっぱりそこでした。

不思議な家でした。建て増しのせいでなのか、部屋と部屋の間には窓があるし
押し入れを開けると階段があって2階へ行ける。
そして不思議な心地よい空気感が漂っています。
なにか自分のもう一つのルーツ的なものを感じさせられて
それが共鳴するのでしょうか?
行く度にぐったり疲れたのを思い出します。

父の実家の近くを通過しただけで前までは行かなかったのですが
法事のとき雪が降っていたこと、
神戸からはアクセスが当時よくなくてほんとに苦労して行ったこと。
スイッチバックで山越えする列車にはドアを開けるとステップがあったような。
法事の後、川沿いの店で食事をした時の
まるまるオレンジをくり抜いて器にしたシャーベットの美味しかったこと。
滅多に合わない親戚になんか遠いものを感じたり、逆に近しく感じたり。

交通の便が良くなって大阪までも1時間半くらいかな?
こういうところで暮らすイメージも悪くなかったかもしれないと思いつつ
もし彼が生きてたらいまなんて言ったか、
何を教えてくれたのか。
あまりに不思議なウワサレベルの情報ばかり。
ホントのところを本人から聞きたくなりました。
でも、きっと都会化した今のあたりをみても
あんまり喜ばなかったのかもしれません。

奈良県五條市。
ワタクシにとっては近くて遠いミステリアスでどこか懐かしいけど
記憶の薄い、そんな場所なのです。

35

2017年5月24日

好きなバンドが解散もせず長く活動していてくれることほど
音楽好きにとって嬉しいことはありません。
スターダストレビューの35周年記念「大宴会」のためさいたまスーパーアリーナへ。

会場外に並んだ各方面からのお祝いの花は彼らの長い活動とそれに対する
敬意がどれだけのものかを表していたし、ゲストのアーティストさんも超大物揃い。
当初予定6時間の公演が7時間半になるというなんとも贅沢な一日に。
定番曲、久々な曲も聴けたうえ、ゲストそれぞれとのコラボはすべてアメージングで
超満員のホールは素晴らしい空気感に包まれておりました。

ゲストのみなさんとのコラボでは相当程度忠実にそれを再現するという
音楽的にカバーしているジャンル幅の広いスタレビだからこその
超ハイレベルパフォーマンスを披露。80年代のポップなサウンドを杉山清貴さんや
鈴木雅之さんと作ったかと思えば、岸谷香さんとプリプリ的ロックになったり
小田さんとオフコースサウンドになったり、矢井田瞳さんサウンドになったりと
唯一無二のレビューショーを展開していました。
「凄すぎて意味がわからない、彼らに出来ないことがあるんだろうか」
懐かしいテレビの音楽番組の空気を作り出す抜群のステージでした。
ほんと多くのアーティストやファンに愛されているんだなぁと
打ちのめされて帰ってきたのでした。

25周年のときからこの6時間?ライブは5年ごとに3回目。
初めてラジオで彼らの曲を聴いたのが27年ほど前。
音楽に対して真摯でかつ謙虚なところにひかれ、そしてライブトークも勿論
みなさんご存知のように楽しませてくれる。
次の5年後、また開催してくれることに勿論言及してくれていた皆さんの
今後のパフォーマンスがまた楽しみになったのでした。

草間彌生さん

2017年5月19日


先日東京にいったとき、草間彌生展に行ってきました。
先輩がいっといでと教えてくれたので。
まあ、すごい人ですね。大人気。そして海外からの人も大勢いました。
最近目にするポップでカラフルなものに比して
当初はもっと暗い感じの作品が多くたいへん驚いた次第。

実は経歴などもあまり知らなかったので、改めて
調べてみたのですが、子供の頃から幻覚に苦しまれていたとか。
あの水玉もその幻覚由来だったんですね。
沖縄のカンダーリ的(憑依状態)などとも関連があるのか、
こういう世界はワタクシは結構好きな話ですが
ご本人は大変な苦労をなさったのだろうと、想像も絶するわけです。
だからこその、この作品なわけです。

美術館に動画が流れていたのですが見ると
決断するとどんどんスポットを描いていくんですね...。
一度決めたら迷いなく筆が進む様に
アスリートの没頭状態(ゾーンとかそういうやつですな)みたいなものに近い
トランスしているような雰囲気を感じさせられたのは
あの力強い目のせいなのでしょうか?

もちろんアートに対して個人的に、
全く語るほどの知識も教養もないままにただ楽しんできたわけですが
たまにそんな時間の使い方も色々と心動かされて
良いなと思った次第です。